ログイン・会員登録
カート
ログイン・会員登録
雅楽 店舗 ムサシノ雅楽教室 お問い合わせ
能楽 レンタル カタログ依頼 修理・調律依頼

五線譜による雅楽総譜 巻一  歌曲篇

五線譜による雅楽総譜 巻一  歌曲篇

4,400円(税込)
000-720 FSS-01
在庫あり

店舗でも同商品を販売しております。ご注文のタイミングにより、在庫状況が変わってしまう場合もございます。ご注文後に届く「[武蔵野楽器]発送についてのご案内」というメールをもって発送を確定致します。よろしくお願いいたします。


「雅楽総譜」を全巻復刊。愛好家の間では幻の出版物として、長らく復刊が望まれていた邦楽における歴史的大著。雅楽は古来「相伝」により伝えられてきた音 楽。宮内庁楽長を務めた故 芝 祐泰が、昭和43年~47年にかけて雅楽全曲の五線譜による総譜を完成させたのが、全4巻よりなる本書です。

巻一 歌曲篇は昭和43年初版。神楽歌、東遊歌、倭歌、催馬楽、朗詠などを収録

≪内容≫
・ 神楽歌 [かぐらうた]
 神代の故事に由来する、およそ5時間を要する交声曲。
・ 東遊歌 [あづまあそびのうた]
 東国駿河の風俗歌舞を基とするもので、春分・秋分などに奏される。
・ 大直日歌 [おほなおびのうた]
 大直日とは、節会(祝日)など有事に内裏に群臣の伺候する事を指す。節会前夜祭の歌曲。
・ 倭歌 [やまとうた]
 大直日歌に続いて、神官等神前に拝する時に唱和される。
・ 大歌 [おほうた]
 唱和の間に「五節舞」が奏でられる。即位大礼饗宴にも奏される慶祝の歌曲。
・ 田歌破・急 [たうたのは・きゅう]
 かつては即位大礼饗宴にも奏されたが、近代その演奏例を見ない。
・ 誄歌(御葬歌)[るゐか(みはぶりのうた)]
 倭建命の崩御の時に歌われたとの故事による四つの歌。大葬に奏される悲歌である。
・ 久米歌 [くめうた]
 神武天皇の弟が皇軍慰労の宴を設けた際の歌舞曲で、祝宴の際に奏する曲と定められた。
・ 催馬楽 [さいばら]
 元来俗謡であったものが雅楽に取り込まれ、公演用の歌曲となったもの。
・ 朗詠 [ろうえい]
 漢詩漢文を愛誦することから興った公演用歌曲。

復刊にあたり当時の仕様とは異なる部分がございます。
オンデマンド製品の為、受注後3週間かかる場合があります。
著者: 芝祐泰
出版元: カワイ出版
サイズ: B5判並製
ページ数: 360ページ

おすすめ商品


お電話でのご注文・お問い合わせ
TEL: 03-5902-7281
受付時間/月~土 9:00 ~ 18:00
FAX: 03-5902-7282(24時間受付)
FAX注文用紙ダウンロード

お買い物ガイド
 ご注文方法について
 お支払いについて
 お届けについて
 返品について
 海外からのご注文について

雅楽
能楽

お知らせ
店舗
ムサシノ雅楽教室
レンタル
カタログ依頼
修理・調律依頼
お問い合わせ